『書と絵画の融合・過去から未来へ』 画家 寺井 浩一& 書道家 井上理白 個展 in NY

『書と絵画の融合・過去から未来へ』 画家 寺井 浩一& 書道家 井上理白 個展 in NY

『書と絵画の融合・過去から未来へ』 画家 寺井 浩一& 書道家 井上理白 個展 in NY

rihaku-ny2016-imgrihaku-ny2016-im2

『書と絵画の融合・過去から未来へ』 画家 寺井 浩一 & 書道家 井上理白 個展 in NY .
ワシントンDC在米国日本大使館個展と同時開催の6月15日〜21日、Tenri Gallery NYにて、開催致します。

この度、有り難いご縁から、我々 画家と書道家とのコラボレーションによる活動を、この6月NY個展より 始動致します。
北海道出身・東京で活動する画家 寺井浩一、岡山県出身・関西で活動する書道家 井上理白、我々は一昨年の秋、お互いの個展にてNYで出会いました。

rihaku-ny2016-img3

書の持つ文字を媒体とした表現と、現代絵画の持つ解放された形と色がそれぞれの特徴を生かしつつ、一つの画面の中で融合するという これまでに無い 全く新しい作品を生み出す事を念頭に置いて制作しています。
目指すは、現代版 光悦と宗達の様に。

rihaku-ny2016-img4

わくわくする様な、新しい可能性にチャレンジしたいと思っています。 更に只今、数多くの作品制作中。 是非ご高覧を。どうぞよろしくお願い致します。

個展プロデュース Ryushi Kojima

撮影協力: 兄夫妻 小林 有希・小林 重行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です