>>English Here

statement-img

人間にとって命とは儚いもの。だから尊いし、生きる事、その一瞬一瞬が美しい。「書」とは、瞬間瞬間の時間と共存して生まれる一瞬勝負のアート、私はそう思う。それはまさに、人生に似ている。

そしてその瞬間アート「書」の「美」の感動を、世界へ伝えたい、と作品を制作している。日本の書道芸術は、単に「文字」と捉えられがちである。だけど私は、文字、言葉であると同時に、音楽・絵画同様、いやそれ以上の表現アートでありたい。

たとえその文字を知らない人がそれを観たとしても、国境を越えて、世界の人々の五感に働きかける、観る人の心に響く、新しい日本書道芸術・アートでありたい。だからこそ、動きのある、より立体的に表現する事を試みる。

使う素材は従来書道に使用する筆、墨、和紙のみならず、ペイント可能なあらゆる素材・画材を使用する。水性ペンキ、金粉、銀粉、絵具、画用紙、キャンバス、箸、葉っぱ、ペイントブラシ、クリスタル等欠かせないそれらである。

私の生まれ育った瀬戸内海に浮かぶ小さな島。そこに私の作品の原点がある。青々とした海と山、自然の中、人はその雄大さを観、風を感じる時、心研ぎ澄まされる瞬間。まさにそれである。そして、人は癒しや、感動を覚えるだろう。

もし、私の作品を観た人が、そこに元気や活力、安らぎ、そして癒し、を感じてくれたなら、それは私の一番の喜びであり、感動である。

今ここに、作品を通して、世界にそれを発信したいと思っている。

わたしの書よ、永遠なれ。


Japanese Calligrapher
RIHAKU INOUE

書道家 井上理白(本名 井上理絵)
岡山県出身 甲南女子大学 文学部卒業
財団法人:日本書道美術館・無鑑査作家・参与
日本教育書道連盟・書道教授
A.M.S.C.国際美術評論家委員会・スペイン本部芸術家会員
マドリード州「パジェ・デ・ロス・スエニョス財団、組織会員

墨のみならず アクリルペイント等 色を使った新しいタイプの書道を考案。
日本を拠点に、NYを主に 国内外で多数の個展、ワークショップ、開催、デモンストレーション実施。
白鹿酒造など、メーカーのラベル制作、企業への文字提供。

NYのレストラン壁面制作、
岡山県(笠岡ベイファーム)道の駅 レストラン壁面アートを手がけテレビでも取り上げられる。

Awards / Exhibitions

2010年12月
世界美術文化振興協会主催
第8回東アジア美術交流展出展 特賞受賞
2011年7月~
兵庫 辰馬本家酒造株式会社(白鹿)の日本酒商品ラベル制作書決定。
同社English版ホームページに草書体作品が掲載され、
以降、毎年の限定酒ラベル制作依頼されている。
2012年1月
NY・Brooklyn Ouchi Gallery アーティスト100人展優勝。
2012年8月
日本書道美術館展 日蓮宗聖典が秀作賞受賞
2012年12月12日~23日
東京新国立美術館「雪舟国際美術協会展」出展
2013年3月
国際書籍「アートメゾンインターナショナルvol.17」に2作品掲載が決定。
NY.メトロポリタン美術館、NY近代美術館、フランスルーブル美術館、スペイン装飾美術館他、世界主要美術館に寄贈される。
同時に、A.M.S.C.国際美術評論家委員会・スペイン本部芸術家会員として登録。
マドリード州「パジェ・デ・ロス・スエニョス財団、組織会員権取得。
2013年3月
第7回「モナコ・日本芸術祭2013」出展決定(モナコ公国文化庁主催)
2013年3月
NY.マンハッタン・Michi Gallery にてグループ展出展決定。
2013年 5月~6月
OASIS 2013 in Osaka & Isutanbul 国際展出展
2014年 5月12日~18日
NY Rogue Space Chelsea Gallery にて初個展開催
2014年 5月23日~26日
NY Broadway Globus Washitsu にて個展開催
2014年 8月13日~18日
神戸物産株式会社 NY Manhattan初 出店「しゃぶしゃぶ神戸」店舗内壁面に書道ARTで作品制作を依頼され、現地にて制作
また、7月 当会社 神戸物産 業務スーパージャパンドリーム財団 ポスター制作
2016年 6月
ワシントンDC在米国日本大使館・JICCギャラリー, NY、マンハッタンのギャラリーにて個展をダブル開催。
色を使った書道ライブパフォーマンスに好評を博す。
2017年 3月
神戸市が、2020年にむけ、神戸の食文化を海外に発信すべく立ち上げた 新しいプロジェクト『食都神戸』 の大交流会にて、4.8mの和紙にライブパフォーマンス実施。この神戸市のプロジェクトのロゴに決定。